人気な低用量ピルと言えばトリキュラー!

笑顔の女性

簡単かつ確実に避妊できる方法として、欧米では経口避妊薬ピルが幅広く普及しています。
女性が主導権を持って避妊できることも大きなメリットのひとつです。
日本でも近年では比較的容易に入手できるようになっていますが、なかでも低用量ピルのトリキュラーは副作用が少ないことから人気の高い商品です。
低用量ピルは妊娠を避ける目的だけでなく、女性ホルモンの不足による更年期障害の諸症状を緩和したり、生理不順や生理痛を治療したりするためにも用いられます。

トリキュラーにはレボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)という2種類のホルモンが配合されています。
フィードバック作用により、レボノルゲストレルを服用すると黄体形成ホルモンが、エチニルエストラジオールを服用すると卵胞刺激ホルモンの分泌が抑制されて、排卵が起こらなくなります。
同時に受精卵の着床を妨げたり、精子が子宮に入りにくくしたりする効果もあり、これらの相乗効果で妊娠を防ぐことが可能です。

トリキュラーは三相性ピルのひとつで、配合量の異なる3種類の錠剤がひとつのシートに入っています。
どれを飲んでも良いわけではなく、効果を上げるためには決められたサイクルで服用しなければなりません。
トリキュラーには28錠が1シートになったタイプと、21錠が1シートになったタイプがあります。
いずれも1日1錠を、毎日決まった時間に服用します。

トリキュラーは原則として生理の1日目から飲み始めるのが正しい服用方法です。
錠剤は色分けされているので、シートの矢印に従って1錠ずつ飲んでいきます。
28錠タイプは休薬期間がなく、最後の白い錠剤を飲んでいる7日間の間に生理が来れば正常なサイクルです。
21錠タイプは1シートを飲み終えた後に、7日間の休薬期間があります。
自分できちんと管理できる方は21錠タイプ、飲み忘れてしまう恐れがある方は28錠タイプが向いているでしょう。

トリキュラーを使っても必ず太るわけではない

トリキュラーの副作用のひとつとして、よく耳にするのは太るということです。
低用量ピルで太るのには、3つの原因が考えられます。
ひとつは低用量ピルには体内に塩分や水分をため込む作用があり、むくんでしまうことです。
次に女性ホルモンが皮下脂肪を増やし、女性らしい体を作る効果があるためです。
さらに食欲を増進させる作用もあるため、つい食べ過ぎてしまうことが考えられます。

水分でむくんでしまった場合は、比較的簡単に落とすことができますし、休薬期間中は体重が減ってくる場合もあります。
もしむくみが長く続くようなら、ほかに原因があるかもしれないので、婦人科の診察を受けることをお勧めします。
皮下脂肪の増加や食欲増進の度合いには個人差があり、誰でも必ず太るわけではありません。
低用量ピルは体質によって相性の差があり、同じ薬を飲んでも太りにくい人もいます。

トリキュラーを服用して太ってしまった場合は、食欲のコントロールが重要になります。
過剰なダイエットをする必要はありませんが、増進した食欲に任せて食べていると、予想外に体重が増加する恐れがあります。
上手に食欲を抑えれば、現在の体型をキープしたまま服用しつづけることが可能です。

トリキュラーの副作用としては、ほかに吐き気や不正出血や乳房の張りなどを挙げることができます。
いずれも中用量・高用量ピルよりは軽いものの、個人差があるので特に飲みはじめの時期には注意が必要です。
また血栓症を悪化させるリスクもあるため、既往症のある方や40代以上の方は医師に相談したほうがよいでしょう。
なお服用を中止すれば生理は2~3か月で元のサイクルに戻り、将来に悪影響を及ぼす心配はありません。